アドレスv125のバッテリー交換方法

標題通りです。

4年前から乗っていた、SUZUKIのアドレスv125(新車)のバッテリーが上がってしまいました。

そのせいで、

  • キックでしかエンジンが掛からない
  • 走行中にエンジンが止まる(再度、キックでエンジンを掛けないといけなくなる)

という状態になってしまいました。

なので、バッテリーを交換しました。

それについてのメモです。

交換に使用したバッテリー

交換に使用したバッテリーはコレ↓です。


Amazon:バイクバッテリーCTX7A-BS(YTX7A-BS)

純正バッテリーである「YTX7A-BS」の互換バッテリーである「CTX7A-BS」です。

私が購入したときは、送料込みで 2,580円でした。

バッテリー交換で必要なモノは「バッテリー」だけなので、
交換にかかる費用も「バッテリー」の本体代だけです。

バイク屋などで交換を依頼すると
15,000円など掛かったりするので、それを考えると非常に経済的です。

バッテリーの型番を確認する方法

「自分のバイクに交換するバッテリーがどれか分からない!」

という人は、取扱説明書などの一番最後らへんに書いてある「サービスデータ」というページを見れば、バッテリーの型番を確認できます。

 
クリックで拡大
▲この場合、「YTX7A-BS という品番のバッテリーを買えば適合するんだな!」ということが分かる
YTX7A-BSと互換性のあるバッテリーでもOK)

交換手順

バッテリーの交換はめちゃくちゃ簡単です。

小学生でも「プラスドライバー」と「六角レンチ」さえあれば交換できます。

以下、具体的な手順です。

  1. 足元にあるバッテリーカバーを六角で外す
  2. バッテリーについている端子をプラスドライバーで外す
    • マイナス(黒)プラス(赤)という順番で外す
  3. バッテリーを取り出す
    • バッテリー部分を持って「ガッ」って持ち上げれば簡単に取り出せる
  4. 新しいバッテリーを入れる
  5. 外した端子を取り付ける
    • プラス(赤)マイナス(黒)という順番で外す
  6. 外したカバーを取り付ける

これであとは、エンジンをかけてみて、問題なくかかれば、交換成功です。

▲左:旧バッテリー  右:新バッテリー

(当たり前ですが)大きさは同じです。

交換後はバッテリー充電

どのバッテリーもそうですが、
初期充電をすることで、バッテリーの寿命を延ばすことができます。

なので、できれば、

  • 長距離を走行する(少なくとも1時間程度)
  • バイク屋に持っていって充電してもらう

などをして、バッテリーを充電しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です