アドレスv125のライト(バルブ)を交換する手順メモ【バイク】

アドレスv125(型式:EBJ-CF4EA)のロービーム・ライトが切れてしまったので、自分で交換した際の作業手順メモ。

簡単なので、何も知らない初心者でも交換可能です。

スポンサードリンク

準備したモノ

  1. 交換用のバルブ(M&Hマツシマ PH-12 12V40/40W (クリアー) 102 102C
    バイク_ライト_アドレスv125
    ※ちなみに、これに交換する前は「M&Hマツシマ PH-12 12V40/40W (B2・CL) 102 102B2C」という、今回交換するのに使ったやつより若干明るいバルブを使用したのですが、半年くらいで寿命が切れてしまったので、若干暗いけど寿命が長いらしいコチラを使用する事にしました。(レビューによると寿命は1年くらい?いくらしい)
    ただ、雨天夜間時はこのライトだとちょっと見えにくいかも(?)
  2. プラスドライバー(バイクの各箇所のネジを外す用)
    31sgy2dymcl-_sl250_
  3. モンキーレンチ(ミラーの上ネジを外す用、ちなみにネジ径は10mmのやつです。モンキーじゃなくて普通の固定サイズのレンチでも良い)
    41qyugp10rl-_sl160_
  4. ナットドライバー
    41wvffsrrkl-_sl160_
    ※ナットドライバーについては必須では有りませんが、ミラーのダブルナットの下部分が異常に固くなってしまっていて、レンチだとどんなに力を掛けても開く事が出来ない場合が有ります。その場合ボルトがガジります。(バイク屋が整備の際にアホほど固くしめている事がある)
    アドレスv125_ナット

私が交換するに当たって準備したのは以上です。

交換の手順

  1. ミラーを外す(最初ナットカバーみたいなのが被さっているので上に移動させる必要があります)
    ミラー_外し方
  2. 各ネジを外す(計3箇所)
    ネジ取り外し箇所
    ネジ取り外し箇所2
    (手前の小さいボルトじゃなくて奥にあるボルトです)
  3. ミラーもネジも取り外したら、そのままカバーを「がばぁぁぁ」って手でめくってやると取れます。(結構力要ります)
  4. 取り外したらこんな感じ↓になっているので、本体と繋がっている電源コネクタを引っこ抜きます。
    取り外し前 取り外し後
    電源コネクタ 電源コネクタ2
  5. 次にライト側の端子を引っこ抜きます(くるくる回転させながら引っこ抜きます)
    電源コネクタ3
  6. あとは中のバルブも適当に回転させながら引っこ抜いて、新しいバルブと差し替えるだけです。
    ちなみに中はこんな感じの形状になっています。
    コネクタ形状
  7. 復旧は手順を逆に戻していくだけです。
    ※カバーを閉める前に、バルブを取り付けた時点でエンジンをONにしてライトが点灯するか確認しておいた方が良い

所要金額と時間

掛かった金額

バルブ代(ライト):1,932円 のみ

ちなみにバイク屋とかに依頼すると工賃として1500円~3000円ほど掛かるのが一般的な相場っぽいです。(私がひいきにしているバイク屋では2000円だった)

掛かった時間

約30分(ちょっと長いかも)

今回はミラーのボルトが異常に固くて外すのに手間取ったのでちょっと時間が長めに掛かってしまいましたが、以前自分で交換した際には15分くらいで終わりました。

まとめ

たぶん、バイクをいじる系では一番簡単な部類に入るDIYですね。超簡単なので女の人でも余裕で交換出来るかと思います。

また、超簡単なのでバイク屋とかで依頼したとしてもすごい安い工賃でやってくれます。

私は金より時間派なので断然「依頼する派」ですが、ブログのネタ用として今回も自分で交換してみました笑(次回からは依頼します)

これを安いと見るか高いと見るかはあなた次第です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. タマキン より:

    今度はベルト部分の分解をお願いします。
    ベルトのお掃除など。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です