青切符で呼出状が来たから裁判所に行って略式裁判を断ってきた話

青切符(50km制限の道を73kmで走って速度違反)をくらって、督促状とか通告書とか全部ガン無視してたら、裁判所から呼出状が来たので裁判所に行ってきた時の話です。

s-2015-08-07 22.29.25 s-2015-08-07 22.30.47

やっぱ青切符の反則金って払ったほうがいいんじゃないの?」とか「やっぱ実際に略式を断るとなると怖い・・・」って人に向けた記事です。

この記事で勇気づけて頂ければ幸いです。

前提:

青切符に限って言えば反則金を払わなくても99.9%逮捕される事は有りません。

もし起訴されたとしても反則金+数千円の金額を支払えばいいだけです。(弁護士費用が云々~とか脅してきますが付けなければいいだけの話です)

本記事は以下記事の補足記事的な扱いとなります。
交通違反の反則金を払わない方法【切符】

スポンサードリンク

裁判所の様子

私が呼び出された裁判所は、「大阪の岸和田簡易裁判所」です。

 裁判所看板  裁判所入り口
大阪岸和田裁判所 裁判所_入り口

裁判所内に入ると、「本日、交通違反関係で呼び出された方はコチラ」みたいな看板が有ります。

そこに入ると、以下画像のように、おそらく赤切符交通違反を犯して略式裁判で金を収めに来たであろう人達がワンサカ居ます。(後で検察官に訊いてみた所、私のように青切符で反則金を支払わずに今日になって出頭してきた人もそこそこ居るようです)

裁判所内_雰囲気_反則金

この中に受付があるので、そこで番号札を貰い、順番に検察官が居る部屋へ呼ばれていく風な感じとなっていました。(田舎の裁判所だともっと人が少ないかも?)

検察官からの尋問内容

部屋の中には3人の取り調べする検察官+書類担当?の検察官1人+全員を取り仕切るボスっぽい検察官1人+受付の女の人という感じでした。

その中で、取り調べする検察官が略式裁判の手続き(名前書いて拇印を押すだけっぽい)を説明して、次から次へと流れ作業のように違反者が出たり入ったりする感じです。

絵ヘタですがこんな感じ↓です。

裁判所_検察_取り調べ_部屋

会話内容を全部録音してたので検察官から訊かれた内容を全て書き出したいと思います。

検察官

今回お呼びさせて頂いたのは速度違反の反則金がまだ納められていない件についてです。

反則金を納めていないのはなにか理由があったのでしょうか?

お金が無かったからです。(嘘)

検察官

分かりました。

それでは略式裁判の手続きを取らせて頂きたいと思います。失礼ですが本日お金はご持参しておりますでしょうか?

持ってます。

検察官

分かりました。

それでは略式裁判の手続きを取らせて頂きたいと思いますので、こちらの書面にサインと拇印をお願い致します。

すいません。略式裁判については否認させて頂きます。

というのは、私は取り締まり内容に納得がいっていないからです。

ここで検察官の顔が曇る

検察官

・・・略式を否認されますと、”刑事処分”の方については通常通りの流れで起訴する流れになりますが宜しいですか?

あと”行政処分”については否認したとしても取り消す事は出来ませんが宜しいですか?

「本式裁判になってまうで?」って意味。

※「刑事処分」は金関係の処分。「行政処分」は免許の点数関係の処分。

はい、問題有りません。

検察官

では、取り締まり当時の状況ついていくつか質問致しますので回答お願い致します。

答えたくなければ黙秘でも構いません。

分かりました。

こっから「取り締まり当時の交通状況はどうだったか」とか「違反にあった際に乗っていたバイクの所有は誰か」とか「バイクの型式は何か」とか色々訊かれて「調書」をとられます。
検察_調書
(こんな感じの調書を長々ととられます)

そして最後らへんに肝となる質問がきます。

検察官

取り締まり内容に納得が行かない理由は何ですか?

私が答えた理由は主に3つです。箇条書きで書きます。

  1. 白バイは追尾で速度を測定したみたいだが、測定した距離が短い気がする。信憑性が疑わしい
  2. というかそもそも私は73kmなんて速度出して走行した覚えは無い。だが60km後半の速度なら出したと思う(速度違反した事は認めた)
  3. 取り締まりにあった道は、平常時の車の流れは70~90kmくらい有り、もし70kmで走っていたとしてもその道の交通事情に臨機応変に対応して走行しただけだ。何が問題なのか。というかむしろ70kmでは遅いくらいだ。

なので本式裁判にて是非を問いたい。しかし60km後半とは言え、速度違反した事は事実なので、それを考慮して今の反則金額より多少減額してほしい。

こんな感じの事を言いました。

これは単純に自分の中で思ったことをそのまま言いました。

この道のどこに危ない要素があるのか。取り締まるんならもっと危ない道を取り締まるべきだろ」とか「なんで他の区間は60km制限なのにわざわざ50km制限の区間で取り締まるんですか?お金が欲しいだけでしょ?」とか色々言いたい事は有りましたが我慢しました。

というか検察官に言ってもしょうがないですしね。

検察官

でも当時は切符にサインしているみたいなので、取り締まり内容に納得したのではないのですか

当時は、取り締まりに遭うのが初めてで、不満が有っても白バイ隊員の言いなりに従うしか無いと思っていた

でも後々調べたらサインは拒否出来る事を知った。それを知っていればサインはしていなかった。

取り締まり内容に納得しているわけではない。

これは本当。

検察官

分かりました。それでは以下の内容で再度担当の警察署の方へ書類を回させて頂きます。

取り締まり内容に不満があるようですが、取り締まりを行った警察官も人間です。あなたが他の人と比べて危ない運転をしていると思ったから取り締まったのです。そこを忘れないようにしてください。

ついては、警察から呼出が有ることがあるかもしれませんのでご了承ください。

また、検察の方からも再度呼び出す事があるかもしれません。

本日は以上で終わりです。

お帰り下さって結構です。

終わり。

ちなみに尋問する検察官の人は3人居たのですが、私が当たった検察官の方は非常に温和な方でとても話しやすかったです。

他の2人の検察官は隣から見ていたのですがすごく性格がキツそうな人だったので、その人に当っていたらドモってしまっていたかもしれません・・・。

というわけで私はこんな感じで略式裁判を否認しました。参考程度に留めていただければと思います。

本記事の方でも書きましたが、私の記事より以下のサイト様の方が詳しく分かりやすく解説して下さっています。

[交通違反]取締り110番[否認したら罰金や点数は?]

http://xn--110-rf4b302pzd3bcnm.com/

今井亮一の交通違反相談センター

http://www008.upp.so-net.ne.jp/ko-tu-ihan/index.htm

この2つのサイトを熟読すれば反則金を払うのが馬鹿らしくなります。

この記事内容に関して不明点あればコメントにお願い致します。

追記:

コメントにも書きましたが、この記事を信じられないなら、大人しく警察に罰則金を納めて下さい。

ネットの情報の真偽くらい自分で判断して下さい。

「本当なんですか?」とかコメントされても鬱陶しいだけなので。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. タマキン より:

    起訴されたらどうするんですか?

  2. タマキン より:

    LINEみたいな会話のやりとりはwordpressのプラグインですか?
    どうやって作成してます?
    何かソフトがあるんですか?

  3. より:

    簡易裁判所での所要時間はどれくらいでしたか?

  4. 敗者 より:

    ここを見て行ってきました
    結論から言うと略式にしてしまいました
    ある程度知識を仕入れて正式を申込ましたが県外での違反のため
    調書はここではとれない 現場の県警から呼び出すからそっち行ってね 交通費かかるよ(嘘)と予備知識以外の事を突かれ面倒くささが勝ち略式に。
    サイン後待合室でググって嘘だと知りました。
    失敗談を書くと躊躇される方がいるかもしれませんがそれでもこれを見てる方は私のようにならず正式裁判にしてください
    略式にしても罰金払うまで順番で1時間ほど待たされてます。これが面倒
    ネットの普及で不起訴狙いが増えたのか検察官も「またか」ぐらいの表情です
    現場行くまではビビってた自分ですが思ったほど検察対話の精神的ハードルは高くありません(略式にした私が言うのもおかしな話ですが;;)
    予備知識をしっかり入れれば対応出来ますので納得出来ない違反であるなら正式裁判を選びましょう。
    敗者にはなりましたがここで中の様子や実際のやりとりを見れたおかげで生来ビビりで小心者の私ですら検察にあれこれ言えたんですから。

  5. 匿名 より:

    私は18歳なのですが、この場合少年審判になるのでしょうか?
    その場合は審判不開始でしょうか?

  6. 某弁護士 より:

    その後どうなったのでしょうか?
    まさか、ここまでで後はうやむやですか?

    口頭だけで不起訴になりましたという質素で胡散臭い報告は勘弁してください。
    反則金を納付せず、点数も引かれることなく不起訴になったのであれば、この記事同様にきちんとそれを示す客観的証拠を添えて報告お願いします。

    • admin より:

      >>点数も引かれることなく
      反則金は納付していませんが、点数は引かれましたよ。
      「点数は引かれませんでした」なんて書いてません。
      点数は刑事処分じゃなくて行政処分なので、切符を切られた当日になんとかしないとどうしようもありません。
      弁護士なのにご存知じゃないんですか?

      >>この記事同様にきちんとそれを示す客観的証拠を添えて報告お願いします
      別に嘘を付いても私に何もメリットがないので、客観的証拠を示す必要すらないと思うのですが・・。
      客観的証拠については、電話で確認を取っただけなので今のところ物的証拠は有りませんが、あなたみたいに疑い深い人も居るみたいなので、時間が有るときに証明書を貰いに行って画像で貼り付けたいと思います。(いつになるかわかりませんが)

      というかネットに書かれてる情報の信憑性は自分で判断するべきです。
      信用しなければ良いし、信用できるなら信用すれば良い。それがネットって奴です。
      なのであなたの主張はそもそもズレてます。
      あなたが弁護士と名乗っているのを私が全く信用できないのと同じです。

      おわり

    • 孫5人持ち より:

      不起訴になりますよ。
      こんなことは、証拠も何も、当たり前なんだが。。

      あと、点数に関して補足します。
      お二人とも勘違いされてますが、まず違反の点数は、『引かれる』のではなく、『加点』されるものです。ここを間違えないように。

      不起訴になっても、黙ってれば加点されてしまいます。反則金などを納めてないし、違反を認めてないのに、加点されるのはおかしな話です。

      なので、この加点すら消したいなら、警察本部に出向き、手続きすれば消せます。
      つまり累積点数になりません。無事故無違反になります。

      • admin より:

        すみません。違反をした事がないので減点方式だと勘違いしていました。

        >>この加点すら消したいなら、警察本部に出向き、手続きすれば消せます。
        「一度加点されたものを取り消す」というのは不可能に近いですよ。加点処理がされる前に取り締まりを行った警察署に赴いて何とかしないとムリです。警察もメンツがあるので。

        • 孫5人持ち より:

          いや、本部ですよ。
          県警なら警察本部。裁判所での手続きが済んだら、本部で手続きすれば消せます。

          これも裁判所から説明あったはずですが。。

          ま、同じく信じれないならお好きな様に。

          • admin より:

            >>裁判所での手続きが済んだら、本部で手続きすれば消せます。
            それは略式を否認して不起訴になった後に、警察本部で手続きをすれば取り消せるという事ですか?
            もしそうだとすれば知らなかったです。

            私が参考にした色々な書籍や取締110番さんのサイトでも、「行政処分は当日中に取り締まりを行った警察署に赴いて切符を取り返さないとムリ」と書かれていたので勘違いしていました。

            私の記憶に無いだけかもしれませんが、「略式を否認します」と言った後、「では後から警察から事情聴取や現場検証の連絡があるかもしれません。本日はお帰り頂いて結構です」と本当にこれだけしか言われなかった気がするのですが、そういう説明があったのですね・・。

            あと私が言いたかったのは手続きの話ではなくて、「一度加点されたものを取り消す」のは出来る事には出来るけど「事実上不可能」という事です。要は「警察が取り消しを認めるはずがない」という事です。

  7. 孫5人持ち より:

    簡潔に説明します。

    貴方がやった後、不起訴になりました。

    ここからです。
    次にやるのは、警察署ではなく県警本部に行き、【運転記録証明書】の確認。
    これに不起訴になった違反等の記録が、しっかり記載されてます。(つまり、加点されている)

    これに対し、不服申し立てをしなければ加点は消えないわけです。

    不服申し立てを、すること。

    以上です。

    面倒なら、やらなくても構いませんが、加点はそのまま残ります。

    • admin より:

      ネットで調べてみましたがやはり現実的にはムリみたいですね・・。(知恵袋からの引用ですけど)

      >>行政処分はおかしいということであれば、不服申し立て+行政処分の取消訴訟をすることになります。ただ、非常に時間がかかりますし、弁護士さんに頼む必要もありますから、金銭的な負担も大きいです。

      >>行政処分は全く別のものであり、基本的にそれを消すことは出来ません。
      交通違反問題で裁判で「無罪」、違反はしていない、という判決が出たのににも関わらず行政処分の方を取り消すことが出来なかったケースさえあるのです。
      諦めましょう。裁判にしたところで、お金が掛かりまず負けてしまう裁判です。
      お金の無駄になってしまいますよ。

      引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010586700

      わざわざありがとうございました。

  8. 孫5人持ち より:

    行政処分ではありません。

    不起訴になった案件は、本部に出向き不服申し立てをすることで、消えます。

    累積点数のシステム上、記録が残っているだけなので、『わざわざ不服申し立て』をしなければならないだけ。

    弁護士も要らないし、一回の手続きで誰にでも簡単に出来ることです。

    • admin より:

      すみません。単に加点されることは行政処分とは呼ばないのですね。知りませんでした。

      それはそうと、「本部で手続きすれば消せます」というのは「孫5人持ち」さんの体験談なのでしょうか?

      ネットで調べても手続きして簡単に消せるようなものでもないような印象を受けますので・・。地域によって違うのでしょうか?
      http://www008.upp.so-net.ne.jp/ko-tu-ihan/FAQ/syobun/syobun-new.htm

  9. アプリリア乗り より:

    私はあなたに賛成です。

    不服申し立て→不起訴の経験者です。

    経験もないのにつべこべ法律だの理屈言う方もいますが、納得いかないから申し立てただけで結果なんて所詮結果だと思います。

    損だの特だのの次元じゃなく
    疑問を解決しただけの行為かな
    (私的ですが…)

    結果はどうあれファイトに高評価です。

    これからも応援しております。

  10. たいちん より:

    為になる経験談を拝見させていただきました。
    本当に警察の交通関連に関わる取り締まり及び対応は酷いものです。私も実体験で数々の煮え湯を飲まされてきましたので読んでいてかなり共感できました。
    ただ、私は東京在住ですが昔(15年位前)に青切符(主に駐車違反)を4件無視した結果、ある日突然逮捕されましたよ。。。朝一6:30頃に来て錦糸町の警察に連れて行かれました。金額にしておよそ6~7万円だったと記憶しています。知り合いは3年前に3万円位でも逮捕されていました。。。何が基準で逮捕されるのかハッキリとはわかりませんが、かなりその基準にムラがあるとは思いますので、未納で押し通す場合はある程度の覚悟は必要でしょう。

    • admin より:

      >>私は東京在住ですが昔(15年位前)に青切符(主に駐車違反)を4件無視した結果、
      無視というのは呼び出しにも応じなかったという事でしょうか?
      その場合は逮捕されても仕方がないと思います。
      あと4件の違反というのは割と悪質な部類に入るかも(?)しれないので起訴されても文句が言えない気がします・・。

  11. おっさん より:

    呼び出し状の住所に交通警察官室と記載されてますし
    右側にいるのは検察官ではなくて警察官だと思いますよ。
    もし検察官なら >>後日検察の方からも呼び出し~の文言がおかしいです。
    そもそもこんなに贅沢に検察官を配置できないから不起訴になるわけですし笑

    なので
    >>刑事処分”の方については通常通りの流れで起訴する流れになりますが宜しいですか?

    これが取り締まり110番によく書かれてる警察官は息を吐くように嘘をつくってやつです。文章通りなら、まるで起訴されるかのようですが、
    警察に起訴をするしないを判断する権限はないんです。

    • admin より:

      警察官だったんでしょうか・・
      もしかしたら私がアホだっただけかもしれません・・

      文言については、録音レコーダーの内容を元に文章を書いたので、一語一句間違ってないと思います。(1年位前に書いた記事なのであんまり覚えていませんが・・)

      • おっさん より:

        間違いなく警察官でしょう。検察官と警察官は全く別物です。
        というか正検事(司法試験に合格して、起訴する権利を持つ)は
        全国に2000人未満です。
        人口30万クラスの都市でも管内に1人とか、何にせよそう気軽には会えません。
        交通違反では出てきてもまず副検事(司法試験に合格しておらず、いちいち上司の決裁が必要)でしょう。

        取り締まり110番は煽り口調ですが、このあたりが明快に書かれてます。

        上のコメントのやりとりもそうなんですが青切符がほぼ不起訴になるのは
        警察官の見た。だけでは物的な証拠がありませんよね。
        正式裁判だと証拠を集めないといけないのですが青切符なんて警察の見た。
        ぐらいなものです。この目撃証言だけでは難しいからです。

        なので件数とか悪質さというよりも、いわば司法としてあるべき姿みたいなものです。
        例えば 見た!だけで殺人犯にされてしまうなんて、とんでもない世界でしょう。
        ですから物的な証拠は必要です。

        もちろん青切符で否認するような場合、隠し玉を持ってる可能性(違法捜査の録音とか、比較的珍しい二輪のドラレコとか)もありますよね。たかだか青切符でキャリアに傷つけるリスクを負いたくないという気持ちもあるかもしれません。

        逆にオービスや酒気帯びなど物的な証拠が残ってる場合は違います。

        一方で、交通違反に限らず略式起訴では認めてるのをいいことに判子を押すように有罪判決を出すわけです。
        これはおかしいんじゃないの?というのが取り締まり110番の管理人さんの主張だと思います。

  12. 法律家兼ライダー より:

    私はバイクにも車にも乗りますが、もう20年以上無違反ですしゴールド免許です。
    取り締まりが厳しい都心部在住ですし、職場も超都心部です。
    ですが走行中に警察に呼び止められた記憶といえば、もう覚えていないくらい昔のことです。

    取り締まる方も人間ですし「目立つほどの危険走行」と感じたから「切符を切っておこう」と思ったのだと思いますよ。

    法的手続きの行き着く先は「裁判」しかありません。
    どんな裁判にでも「判事の裁量」が認められていますので「必ずこうなる」といった方程式みたいな事柄は存在しません。
    過去の判例だって、いつ覆されるか分かりません。

    法律は人間が作ったものなので「完全公平な統治」なんてものは存在しません。
    「公平」を目指して常に改良中な「未完成なもの」です。
    未完成なのだから不公平で理不尽で当然です。
    日本にも、世界中のどの国にも、公平で完璧な統治なんてものは存在しません。

    交通違反の取り締まりが厳しい(理不尽だから)こそ、日本国内の交通安全が一定以上の精度で確保されているわけです。

    「法律」は「モラル」を補完するために作られたもので、モラルの下位に存在するものです。
    中途半端に法的手続き(行政手続含)を学ぶよりも「注意されない走り方(モラル)」を学ぶほうが健全で建設的だと思いますよ。

  13. you より:

    赤キップもサイン否認して 不起訴になりました。
    隠れていたスピード取り締まりです。

    行政処分はきましたが。

  14. こうぼう より:

    初投稿ですが興味深く拝見しました、サイン拒否が出来るとは今まで迂闊だった・・・
    現実的に拒否しまくって正式裁判になる事は極めて重大な過失が含まれる事件それこそTVニュースになるような(度重なる人身事故酒気帯び運転、80km以上の速度超過など)ぐらいでは無いでしょうか、別途業務上過失致死などは逃れないでしょうが、つまり年間何十万人も居る青赤違反程度では公判なんて物理的に無理ですね。
    少し話はずれますが私の交通違反以外(やや公務衝突的な)の経験で言いますと略式裁判程度の事件はまず起訴が前提の罰金刑が確定しますがそれとて支払う金が無いと言えば支払う必要は有りません、休日も含め日給5千円×?日間で罰金額を支払うため刑務所併設の労役所で簡単な手作業をしあとは3食頂き寝てるだけで即釈放です、一銭も自己資金は献上していません交通違反など数日で終わるでしょう、完全保護で国家側の持ち出しで失策ですので、裁判所は見事に腰を折って超絶必死に罰金額の分割を提示してきます担当は汚点が付くのでしょう、貴様ら権力をかさにして庶民をいじめた推したきた報いじゃ 笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です