二輪免許の種類について

mennkyo

バイクに乗るための免許として、「原付免許」「小型二輪免許」「普通二輪免許」「大型二輪免許」の4種類が有ります。

それぞれに対応する排気量は以下の表になります。

 ~49cc
(原付1種)
50~124cc
(原付2種)
125~399cc400cc~
原付免許×××
小型二輪免許××
普通二輪免許×
大型二輪免許

また、小型二輪以上については「MT」「AT限定」と2種類有ります。

技能講習の時間差的には「MT」の方が3~4時間ほど長いです。値段も1万くらいしか変わらないので、どうせなら「MT」を取った方が良いかもしれません。

また、「125cc以上に絶対に乗る予定が無い人」は「小型二輪免許」がおすすめです。どの教習所でも「普通二輪免許」に比べて4~6万ほど安いです。

125ccバイク(通称原2)の最強性については以下のページを参照して下さい
攻守最強である125ccバイクのメリット・デメリットを検証した

スポンサードリンク

二輪免許の取得条件

「大型二輪免許」は18歳以上、それ以下(普通二輪免許以下)は16歳以上となります。

あとは、視力・色彩識別能力・運動能力・持病の有無等のテストが有りますが、「普通」の人間なら特段気にする必要は有りません。

二輪免許の取得方法

流れ的には、

「教習所に通う→修了書をもらう→交通免許センターで免許を交付してもらう」

「交通免許センターで技能試験・筆記試験の両方を受けて免許証を交付してもらう」(通称、1発)

の2種類の方法があります。

免許をできる限りやすく取得したい!って人は以下の記事を参照して下さい。
2輪免許を安く取得する方法

 まとめ

原付特有の制限を気にしない人で、「初期価格も維持費も免許取得費もとにかく安くしたい!」って人は「原付免許」で十分。

原付特有の制限がイヤな人で、「初期価格も維持費も出来るだけ安くしたい!」って人は「小型二輪免許

125ccのパワーだけでは満足できなくて、「初期価格も維持費も出来るだけ安くしたい!」って人は「普通二輪免許

バイクが大好きで、「バイクにならお金がどんだけ掛かっても良い!」とか思ってるバイク狂の人は「大型二輪免許

「小型二輪免許」を取得する人に多いのですが、あとになって、「やっぱ250ccに乗りたいわ!」ってなって「普通二輪免許」を取り直す人が結構います。(私の事です)

自分がそういう性格かもしれないって思ってる人は、最初から「普通二輪免許」を取得しておきましょう。無駄にお金も時間も掛かるし勿体ないですよ。

あと「小型二輪免許」っていうのは取る人が少ないのか、教習時は「自分一人だけ」ということが多いです。(私の教習所だけかもしれないけど)

「普通二輪免許」の教習者達が「CB400SF」などでブイブイ言わせてる所を、自分だけ「リード100」(私のところはリードだった)で教習所内を走り回るのはちょっと恥ずかしかったりもします。

免許取得代は決して安い金額ではないので、自分の用途に合わせた免許を取得するようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です