バイクメーカーのそれぞれの特徴【国内】

このページでは国内バイクメーカーのそれぞれの特徴について簡単に説明したいと思います

※国内メーカー4社のみ

スポンサードリンク

ホンダ

honda

元祖バイクメーカーで、世界的にも超有名なメーカーです。国内バイクメーカーの中では売上高は第1位で、自動車事業の売上高も第3位の首位メーカーです。(バイクランキング車ランキング

車種の特徴としては、スーパーカブをはじめとした、燃費・乗り心地・利便性・丈夫さ(壊れにくい)など、とにかくバランスが良い車種が多いのが特徴です。

教習所の教習車(CB400SFCB750など)や、警察の白バイにホンダ製が採用されているのがその証拠です。

また、小さいバイクを作るのも昔から得意としていて、カブやモンキー、APEと言った乗りやすくてデザインも秀逸なバイクを数多く輩出しています。

更に現状に甘んじるだけでなく、「HYPER VTEC」「デュアル・クラッチ・トランスミッション」「HFT」と言った、最新技術も常に研究し続け、技術面でも他のメーカーの追随を許していません。

有名な車種として、スーパーカブシリーズCBRシリーズPCXシリーズなどがあります。

バイク初心者におすすめしたいメーカーです。

ホンダ製の125ccのおすすめスクーターについては以下の記事を参照下さい。

125ccおすすめスクーター【HONDA編】

ヤマハ

yamaha

何でも作ってるメーカーで、そのくせバイクのクォリティも非常に高い化け物のようなメーカーです。

楽器、音楽教室、家具、家、船、スポーツ用品、バイク・・・etc

何がメインなんだお前」って突っ込みたくなるくらい、幅広く色々作ってます。

デザインの特徴としては、非常に整理された(?)小奇麗なデザインのものばかりで、洗練されたものが多いのが特徴です。(スズキみたいにぶっとんだデザインのものは無い)

また、Vマックス のような、ネイキッドなのかアメリカンなのかどっちなんだお前、みたいな変わってるけどデザインは秀逸、みたいなバイクを作るのも得意としています。

ホンダと同じく、最新技術を搭載する車種が多く、常にフロンティアスピリット溢れるバイクばかりを排出しているメーカーです。

綺麗にまとまっていて、他の機能にも付加価値を付け加える事を忘れない最先端のメーカーです。

有名な車種としては、SRシリーズセローシグナスなどがあります。

YAMAHA製の125ccのおすすめスクーターについては以下の記事を参照下さい。

125ccおすすめスクーター【YAMAHA編】

スズキ

suzuki

スズキと聞くと、昔は「安かろう悪かろうスズキ」という感じでしたが、今では「安い上に品質も高くてデザインもそこそこ秀逸で、エンジン性能も他のメーカーの追随を許さない」みたいなメーカーです。(ただ、今でも外観が若干安っぽい車種がちょこちょこ有ります、でもそれが良い)

奇抜なデザインのバイクを作る事が多い。ジェンマとか。「リムジンのバイクバージョンかよ」って感じですね。「こんなん誰乗るの?」みたいなバイクが多いイメージ。なのでカタログを見てるだけで何だかニヤニヤしてしまいます。

そのような事もあって、「スズ菌」と呼ばれる、スズキの魅力に囚われて虜になる人もいるほどの人気メーカーです。

125ccスクーターに於いては、通勤快速という名で知られている「アドレスv125」という超人気車種のメーカーでもあります。

ちなみに私も「スズ菌」です。

エンジン性能の割に安くてデザインが斬新でかつシンプルなのが特徴のメーカーです。

スズキの125ccおすすめスクーターについては以下の記事を参照下さい。

125ccおすすめスクーター【SUZUKI編】

カワサキ

kawasaki

本当のバイク好きの為にあるようなメーカーです。

ラインナップ的に、低排気量のもの(125cc以下)が少なく、高排気量のものが中心です。

他のメーカーは125ccクラスで、スクーターとかビクスクもどきみたいなのを何個か出しているのに対して、カワサキは2車種のスポーツバイクのみ(KLX125D-TRACKER 125)です。(しかもオフロード\(^o^)/)

公道用じゃないモトクロス用のバイクを数多く輩出しています。

何考えてんだこのメーカー」って感じですけど、そこが良いところなんですよね( ゚∀゚)

有名な車種としては、ニンジャシリーズDトラッカーシリーズVULCANシリーズなどがあります。

熱狂的なファンが多いメーカーです。

最後に有名なコピペを貼っておきます。

ホンダのバイクを
ヤマハに持ち込む:まぁ、ホンダも直せなくはないけどね
スズキに持ち込む:ツマラン、どこかに細工してやろうか・・
カワサキに持ち込む:出てけゴルァァァァァァァァァァァ!

ヤマハのバイクを
ホンダに持ち込む:おぅ、ヤマハさんのバイクか
スズキに持ち込む:打倒ホンダの僚友だ、バッチリ直してやるぜ
カワサキに持ち込む:けっ、優等生バイクか

スズキのバイクを
ホンダに持ち込む:けっこう癖のある作りしてんだよね
ヤマハに持ち込む:スズキさんか、品取り寄せとか大丈夫かな
カワサキに持ち込む:スズキか、最近小奇麗にまとまっちまいやがって・・

カワサキのバイクを
ホンダに持ち込む:カワサキか・・
ヤマハに持ち込む:カワサキか・・
スズキに持ち込む:カワサキか・・
カワサキに持ち込む:カワサキか・・

昔のカワサキの品質(しょっちゅうオイル漏れが起こったり、ネジが飛んだりしてた)を皮肉ったコピペですが、今は超優良メーカーとして幅広くファンが存在しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です