125ccおすすめスクーター【SUZUKI編】

バイクをただの「足」として利用するなら125ccスクーターがお勧めです。

このページでは、SUZUKIから発売されているスクーターについて簡単に説明します。

基本的に、SUZUKIから発売されている125cc(51〜124cc)は、「アドレス」系の車種だけです。(スクーターだけ)

スポンサードリンク

アドレスv125

76103010696
出典:http://review.kakaku.com/review/76103010696/
メーカー希望商売価格:243,000円(税込み)

■特徴

言わずもがなですが、原2バイクの定番。別名「通勤快速」。

燃費が高く原付とほとんど変わらないサイズでありながら、エンジンパワーは他のバイクを圧倒しています。(特にスタートダッシュがめちゃくちゃ速い)

すり抜けしやすく追い抜きもしやすい。街中をスイスイ走る分には、この車種に勝てるのはいないと言っても良いほど。

年々エンジンの性能は下がってきているが、その分燃費が上がってきています。(エンジン性能が下がっていると言っても十分過ぎるほど速い)

また、人気の高い車種の為、カスタム様のパーツも豊富で、修理等の部品代が安い傾向にあります。

デメリットは、車体が小さい分メットスペースが小さくてフルフェイスヘルメットが入らない可能性が高い事くらい。

※実際、コレとかコレは入りませんでした。

アドレスv125S

K0000134909
出典:http://kakaku.com/bike/item/K0000134909/
メーカー希望商売価格:268,920円(「アドレスv125」より2万5千ほど高い)

■特徴

「アドレスv125」の上位互換。基本的に走りに関わるスペックは変わりません。

主な違いとしては、

  • 盗難防止用のアラームが付いてる(ロックをかけた上体で車体が揺れるとアラームがなる)
  • かばんホルダーが少し改良されてる(レジ袋とか掛けやすいっぽい)
  • サイドスタンドが付いてる
  • タコメーター(スピードとか出る部分)がデジタルちっくになってる(全てLED仕様)

ちなみにサイドスタンドは別売で買うと7000円くらいします。

アドレスv125SS

gergre

■特徴

「アドレスv125S」の上位互換。基本的にこれも走りに関わるスペックは変わりません。

主な違いとしては、

  • ミラーが車体の色と同じになるらしい(どうでもいい)
  • タンデムステップがアルミ製になるらしい(どうでもいい)
  • リアの荷台の部分が変な形になる↓。この形になることでリアボックスが後付出来ないような気がする(?)個人的には改悪。
    argg

メーカー希望商売価格:274,320円(「アドレスv125」より3万ほど高い)

ぶっちゃけこれ買うくらいなら、「アドレスv125S」で良いと思います。金に余裕が有る人は買えば良し。というか金に余裕が有るなら250ccでも車でも買えば良し。

アドレスV125Sリミテッド

pc
出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/uz125szl3/style_price
メーカー希望商売価格:290,520円(「アドレスv125」より4万7千ほど高い)

■特徴

「アドレスv125s」の上位互換。基本的に、「冬でも快適に乗れる為の機能」が追加されています。

  • シートやグリップにヒーターが仕込まれている(スイッチでON・OFF可)
  • 手に風を受けない為のナックルバイザーが付いてる

真冬に通勤時間が1時間以上かかっちゃうって人は、買う価値あるかもしれない。通勤時間が30分くらいとかなら、着込みまくってフルフェイス装備すればなんとかなるレベル。でも金に余裕があれば選択肢に入れても良いかも。

ちなみにナックルガードは取り外し可能らしい。

アドレス110

K0000105591

■特徴

2015年3月に新発売された、アドレスの110ccバージョン。(噂では「ディオ110」に対抗する為に発売されたらしい)

「アドレスv125」の廉価版みたいなもの。ただし、悪い点ばかりではない。

「アドレスv125」との違いを分かりやすく表現を変えて、必要な部分だけ抜粋してみた。

 アドレスv125アドレス110
全長/全幅/全高1,750mm / 635mm / 1,030mm1,845 mm / 665 mm / 1,095 mm
燃費41.6km / L(1名乗車時)乗車時51.2 km/L(1名乗車時)
燃料タンク容量6.0L5.2 L
最高出力7.3kW/ 7,500rpm6.7 kW/ 8,000 rpm
最大トルク10N・m / 6,000rpm8.6 N・m / 6,000 rpm
タイヤサイズ10インチ14インチ
メットインスペースwgpc
その他サイドスタンドは別売サイドスタンドがデフォルト装備
メーカー希望小売価格
(消費税8%込み)
243,000円205,200円

この表から分かる、アドレス110の特徴として

  • 全体的に車体サイズがデカくなった
  • 燃費が上がった(10km/Lほど。まぁ排気量小さくなってるから当たり前っちゃ当たり前)
  • 燃料タンクの容量が減った
  • タイヤサイズは14インチとデカい(安定性がある)
  • サイドスタンドがデフォ装備
  • 安い
  • 最高速はアドレスv125より速い

本当に、バイクを「ただの足」として考えているなら、これ一択だと思います。

※ただ、店によってはアドレス110もアドレスv125もほぼ値段が変わらない場合があります。(この店とかそう。アドレスv125が驚愕の179,000円という破格。店によっては価格が全く違ってくる。)

大阪・兵庫・京都に行ける距離にあるならこの店がオススメ。私は実際にココで買いましたが、特に不具合もなく、サポートも良く、すごく良店だと思います。(アフィ目的ではありませんよ)

まとめ

■本当に「ただの足」として最低限の機能だけ欲しい人(金を掛けたく無い人)

アドレス110

■「ただの足」だけど他の125ccには負けたく無いって人(パワーが欲しい人)

アドレスv125

■「ただの足」+パワー+防犯機能+サイドスタンドが欲しいって人

アドレスv125S

■「ただの足」+パワー+防犯機能+サイドスタンド+防寒機能が欲しいって人

アドレスv125Sリミテッド

■「ただの足」+パワー+防犯機能+サイドスタンド+オシャレが欲しいって人

アドレスv125SS(おすすめはしない)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 神風 より:

    アドレスV125シリーズの、購入した決めては…
    実用的なのは、前カゴ&メットイン&リアボックス装備のバイクが最高! 
    足元には18リットルのと灯油ポリタンク置けると、更に最高!
    アドレス110は、最低最悪です。実用的な魅力が、全然感じ無いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です